30代言語聴覚士の転職には小児領域がオススメ

言語聴覚士
※本ページはアフィリエイト広告を利用しています
※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

30代は自分のライフステージが変化していく年代です。育休明けに復帰したママさん言語聴覚士さんも多くいるでしょう。子育てをしていて、子供の成長で発達障害かなと不安になることもあると思います。
そんな時に、仕事での経験・専門知識を活かして自分の家族を治してあげることができます。その逆に、自分の子育ての経験を仕事で、沢山の子供を良くしてあげることで可能となります。
本記事では、30代の言語聴覚士がなぜ小児領域に向いているかをわかりやすく解説します。

小児科領域向いている人

  • 自分の子育ての経験を仕事で発揮したい
  • 職場での知識を自分の子育てにも活用したい
  • 小児領域での言語聴覚士の需要が増加している
  • 純粋に子供が好き
  • 自分の働きたい働き先を探す
この記事を書いた人
nao

理学療法士として勤務。急性期・回復期・慢性期・老健を経験。コロナ禍で介護・看護補助業務も経験。
転職を経て、150万収入UP。昇給も順調で資産を2年で0→250万に増やすことに成功。
医療職の経済的自由を目指し、情報発信中。
※行動すれば人生は豊かになる!!

naoをフォローする

小児領域での仕事内容

  1. 評価と診断: 小児の言語や聴覚の発達状況を評価し、可能な障害や遅れを診断します。これには、聴覚検査や言語評価テストを使用することがあります。
  2. 治療計画の立案: 評価結果に基づいて、小児の個々のニーズに合った治療計画を立案します。言語聴覚士は、個々の子供の発達段階や特性に応じた治療方法を考えます。
  3. 言語療法: 小児の言語発達に遅れや障害がある場合、言語聴覚士は様々な方法を使用して言語の理解や表現能力を向上させるための療法を提供します。これには、言語ゲームやコミュニケーションスキルのトレーニングなどが含まれます。
  4. 聴覚療法: 小児の聴覚に問題がある場合、言語聴覚士は聴覚の機能を向上させるための療法を提供します。これには、聴覚訓練や補聴器の調整などが含まれます。
  5. 家族へのサポート: 小児の言語や聴覚の問題は、家族全体に影響を与えることがあります。言語聴覚士は家族に対して、治療計画の理解や支援方法を提供し、子供の成長を支援します。
  6. 学校や施設との連携: 小児の言語や聴覚の問題は学校や施設でも影響を及ぼすことがあります。言語聴覚士は、教師やその他の専門家と協力して、子供のニーズに応じたサポートを提供します。
新人ST
新人ST

子供にどんなリハビリすればいいんだろう?家族も普段は年配の人を対応してたから、同年代くらいだから接し方が難しいなあ。

nao
nao

根本の治療は一緒だけど、子供が興味がわくような言い回しだったり、接し方じゃないと難しいねえ。家族も子供に対して敏感な親は多いから対応が悪いと、クレームにも繋がるからね。だから、30代の子育て経験者をオススメしているのさ。

30代がオススメの理由

自分の経験を活かせる

  1. 実践的な知識と理解: 30代は一般的に子育ての経験を積んでおり、子供の成長や発達に関する実践的な知識と理解を持っています。この経験は、他の親や専門家とのコミュニケーションや、子供との関わり方に役立ちます。
    子供と接したことがない人と、ある人では、患者(子供)・家族からの印象が全然違います
  2. 共感と理解: 子育ての経験を持つ30代は、他の親や子供たちとの共感や理解が深まります。同じような経験を持つ他の親や子供たちのニーズや課題に対して、より良い理解を持つことができます。
  3. 臨機応変な対応力: 子育ての経験を積んだ30代は、様々な状況に臨機応変に対応する能力を身に付けています。これは、仕事や人間関係の中で必要な柔軟性や忍耐力を持つ上で役立ちます。
  4. 問題解決能力: 子育ては日々さまざまな問題に直面することがあります。30代の子育て経験者は、そのような問題に対処し、解決策を見つける能力を身に付けています。これは、職場やチームでの問題解決にも役立ちます。
  5. コミュニケーションスキル: 子供とのコミュニケーションは、理解力や説明力、忍耐力などのコミュニケーションスキルを養います。30代の子育て経験者は、これらのスキルを活かして、職場やチームでのコミュニケーションを円滑に行うことができます。

・自分の子育てが仕事に活かせる
・仕事が、将来の自分の子育てに活かせる
・知識を取り入れることで、自分の子供・患者が良くなっていく

ライバルが少ないが需要が増加している

日本言語聴覚士協会によると、小児言語・認知を対象にしている言語聴覚士の数は4,480人。 成人の言語・認知を対象としている言語聴覚士の約1/3程度と極めて少ない状況にあります。

近年、小児領域での言語聴覚士の需要が増加しています。例えば、小児の発達障害や言語遅延の診断や治療の需要が増えていることから、小児領域での言語聴覚士の割合は徐々に増加している可能性があります。

純粋に子供と接するのが好き

子供は可愛いです。子育てをしていると、ますますそう思う人がいるのではないでしょうか。
時には言うことを聞かずイライラすることもありますが、子供の笑顔は心をいやしてくれます。
自分の治療で、1人でも多くの子供・親の笑顔を見ることができれば、これほどやりがいのある仕事はないでしょう。

小児に特化した職場の特徴

小児向けの言語・聴覚療法に焦点を当てた職場の特徴

小児向けの言語・聴覚療法に焦点を当てた職場の特徴は、子供の成長段階や個別ニーズに合わせたカスタマイズされた治療プログラムの提供、遊びを通じた楽しく効果的な療法の実施、家族との緊密な連携とサポート体制の充実があります。

小児の発達段階に合わせた治療やケアを提供できる職場の条件

小児の発達段階に合わせた治療やケアを提供できる職場の条件は、まず専門的な知識と経験を持つスタッフが揃っていることが重要です。職場内での持続的な研修や学習機会も不可欠です。また、最新の評価ツールや治療法を導入し、個別に合わせた計画を立てる柔軟性も必要です。チーム全体が協力して、子供とその家族に寄り添い、包括的な支援を提供できるような環境が必要です。

・患者・家族に寄り添った治療を提供している
・楽しいと思える治療を提供している
・経験豊富な頼れる先輩がいる
・常に最新の情報を取り入れている

小児科領域での言語聴覚士の働き先

  1. 小児病院: 小児科病棟やNICU(新生児集中治療室)での言語聴覚士の勤務があります。ここでは、早期発見や早期介入が重要視され、言語や聴覚に関する診断や治療が行われます。
  2. 小児リハビリテーションセンター: 小児の発達障害や障害児へのリハビリテーションを提供する施設での勤務があります。ここでは、言語や聴覚の障害に対する療法や支援が行われます。
  3. 特別支援学校: 小児の発達に遅れや障害がある子供たちを支援する特別支援学校での言語聴覚士の勤務があります。ここでは、学校での学習やコミュニケーションのサポートが行われます。
  4. 保育園や幼稚園: 小児の言語や聴覚の発達支援を行う保育園や幼稚園での言語聴覚士の勤務があります。ここでは、早期の言語や聴覚の発達を促すためのプログラムや支援が提供されます。
  5. 診療所や地域の医療機関: 小児科診療所や地域の医療機関での言語聴覚士の勤務があります。ここでは、小児の言語や聴覚の問題の早期発見や治療が行われます。
  6. 放課後等デイサービス:放課後や休日などに、発達障害や特別なニーズを持つ子供たちが安全で支援された環境で過ごす場所です。社会的スキルや自立を促進する活動や遊び、学習支援が提供され、親や家族の負担軽減や子供の自己実現を支援します。

まとめ

30代はライフステージが大きく変化する人が多くいます。子育てをしながら仕事をするのは、本当に大変です。ましてや、子供に障害がある親ならもっと心身ともに疲れてしまいます。言語療法士は、そんな家族の手助けできる、とても素晴らしい職業です。
小児の分野で働く言語聴覚士も少なく、比較的簡単に自分にあった働き場所がみつかると思います。
小児の専門職場での経験を積むことで、自己成長や専門性の向上につながるだけでなく、やりがいを感じることができます。適切な職場選びや準備をすることで、成功への道が開けるでしょう。

  • 自分の子育ての経験を仕事で発揮したい
  • 職場での知識を自分の子育てにも活用したい
  • 小児領域での言語聴覚士の需要が増加している
  • 純粋に子供が好き
  • 自分の働きたい働き先を探す
\わずか1分で簡単登録/
\わずか1分で簡単登録/

コメント

タイトルとURLをコピーしました