言語聴覚士

言語聴覚士 言語聴覚士
作業療法士

リハビリ職の転職成功率99%!レバウェルリハビリが選ばれる理由とは?

リハビリ職の転職を成功させたい方必見!レバウェルリハビリは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などに特化した転職エージェントです。全国規模の豊富な求人情報、専門性の高いキャリアアドバイザーによる手厚いサポート、非公開求人へのアクセスなど、理想の職場を見つけるためのサポートが充実しています。転職活動をスムーズに進め、新しい職場でのキャリアを飛躍させたい方は今すぐ登録を!
言語聴覚士

言語聴覚士の辛いことTOP5:転職で解決する方法を徹底解説!

言語聴覚士としての高いストレスレベルや感情的な負担、専門知識の維持、職場環境の問題、収入とキャリアの限界など、辛いことトップ5について詳しく解説します。転職による解決方法や成功事例を紹介し、言語聴覚士の皆さんが抱える悩みを解消し、充実したキャリアを築くためのヒントを提供します。最新の治療法や研修制度の活用、ワークライフバランスの改善など、多角的な視点でサポートします。
言語聴覚士

言語聴覚士あるあると成功体験!収入アップの秘訣も公開

言語聴覚士の日常「あるある」を解説。患者さんとのコミュニケーションの難しさ、感情面の障壁、文化的・言語的な違いなどの課題と具体的な対策を紹介。また、患者さんの成果が見える瞬間の喜びや同僚との連携の重要性についても触れています。キャリアアップや収入を増やすための転職方法も提案。家族や友人からの理解と支援の重要性を強調し、言語聴覚士としての新しいステージで充実した人生を築くためのアドバイスも提供します。
言語聴覚士

言語聴覚士とうつ病:休職してから復帰するか?転職するか?

リハビリ職でSTは特殊な仕事をします。運動と違い、言語・嚥下はあまり改善しにくい傾向があり、時には誤嚥で命を落とすケースもあります。マンパワー不足で様々な症例を準備不足で治療を行い、自分がいっぱいいっぱいになっているSTも多いと思います。PT・OTと違い、職場にST自体が少ないので治療方針を相談する人もいない環境が多いです。そういった事が積み重なり、精神疾患に追い込まれ、適応障害になり休職するケースも少なくないです。
言語聴覚士

30代言語聴覚士の転職には小児領域がオススメ

子育て世代では、働き安い環境で仕事をしたい人は多くいます。リハビリ職の場合、子供が小さくても、夫婦フルタイムで働かなければ生活が成り立たない家庭も多くあります。そんな中、自分の子育ての経験を活かせて、家族との接し方がうまい30代は小児分野で重宝される人材になります。
タイトルとURLをコピーしました